オークションを使ったアクセサリーの処分方法のメリット・デメリットを紹介します。 2016年10月31日

オークションを使ったアクセサリーの処分方法のメリット・デメリットを紹介します。

身につけるアクセサリーを処分する時、皆さんはどのように対処していますか?
オリジナルTシャツとアクセサリーを合わせて買っても流行によって、つかえなくなることは多いはず。
今回は利用しやすいオークションを使った、アクセサリーの処分方法についてのメリット・デメリットを紹介します。

・オークションを利用する際のメリット

①売るのが簡単で誰でも行える

基本的にこの方法は価格設定と出品、そして発送をすれば良いだけ。、
入札があれば販売をする形で簡単にアクセサリーの処分ができるという所がポイント。
相場価格が分からなくても処分する目的ならば安めに設定しておけば問題ありません。

②高値が付く可能性もある

アクセリーは材質、作り方、希少さの関係でガラッと値段が変わるもの。
たとえ安く購入したとしても処分する頃には希少価値が付いていることだって十分考えられます。

オークションでは入札の多さによってそういった適正価格まで引き上げられることも珍しくありません。
そのため、場合によっては高く販売出来ることも考えられるでしょう。

・オークションを利用する際のデメリット

①品数が多いと対応が大変

個人で1アイテムずつに分けて売る場合、一気に大量な数を販売しづらいのがオークションでのデメリット。
それぞれの連絡や発送、トラブルの対処などに対応しなければいけないので
徹底した管理や人手が必要になってきます。反応を疎かにしていると評価が下がりマイナスイメージがついたりするので
無理のない範囲でオークションを利用すべきです。
かといって、まとめて販売してしまうと販売時に得られる金額も減るので注意してください。

②定価より安く販売してしまう可能性がある

このケースは最低価格を決めておけばある程度の損失が防げますが、
入札状況によっては安く買い叩かれてしまう事も想定しておかなければいけません。

良いアクセサリーならば宣伝や人目につきやすいような工夫をしておいて、入札数を増やしたりなど、
それなりの価格で販売できるようにしておくべきです。

オークションを使ったアクセサリーの処分方法のメリット・デメリットを紹介します。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

ヤングアダルト向けファッションブランド、Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)を紹介します。

ヤングアダルト向けファッションブランド、Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)を紹介します。

 
Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)はアメリカ、ペンシルバニア州発の
ファッションブランド兼セレクトショップです。
元々はThe Free People’s Storeという名称のブランドでしたが1972年に現在の形に変更されました。
アーバンアウトフィッターズのターゲット層としては18歳から30歳までがメイン、
所謂ヤングアダルト層に焦点を当てています。

同ブランドはカジュアルでもしっかり目立てるような気持ちの良い色使い、インパクト性のあるデザインが
アイテム毎に見られるのが特徴的。
そうした性質からカジュアルコーデのメインアイテムを揃えやすいブランドとしても知られています。

もしコーデにおいての着こなしを考えるのならば他アイテムとの色合いやデザインの兼ね合いを考えて、
全体的な調和をイメージして扱うべきでしょう。

ちなみにアーバンアウトフィッターズはファッションだけでなく雑貨やインテリア分野のアイテムも制作しています。
そのため、そちらの分野で名前を耳した方もいるかもしれませんね。

そうしたブランド特性からか世界中にある100店舗以上のショップは、それぞれ装いや店内の作りが違います。
これをショッピングの際チェックしてみるのも面白いですよ。

ヤングアダルト向けファッションブランド、Urban Outfitters(アーバンアウトフィッターズ)を紹介します。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

ファッションブランド、urban mobility(アーバンモビリティー)を紹介します。

ファッションブランド、urban mobility(アーバンモビリティー)を紹介します。

urban mobility(アーバンモビリティー)は
デザイナーのフセイン チャラヤンとプーマがコラボして作られた
ファッションブランドです。
同ブランドはチャラヤンが持つ独特かつ個性的な視点、現代社会とファッションの関係性、
リアリティさがデザインによって表れているのが特徴的。
加えて、それらのイメージを加工によって確かなものにしている
プーマの技術が目を惹く形になっています。

このようにデザイナー自身のアヴァンギャルドな側面が色濃く反映されているので
アーバンモビリティーのアイテムにはスタイリッシュさと共に
アーティスティックなイメージも付与されています。
コラボブランドであるプーマのシューズとも相性がよく、
多要素を感じさせるカジュアルコーデを楽しむことができるでしょう。

もしアーバンモビリティーのアイテムを着こなす事を考えるのであれば、
そのデザイン性を損なわないコーデを心がけてください。
脱力感、野暮ったさなどの要素を持つアイテムとの組み合わせは
特にミスマッチしやすいので気をつけなければいけません。

ファッションブランド、urban mobility(アーバンモビリティー)を紹介します。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

高価なTシャツを買う際に注意しておきたいポイントを紹介します

高価なTシャツを買う際、どのような事に気をつけたら良いのでしょうか。
下記にまとめてみました。

・購入するアイテムが適正価格かどうかチェックすること

Tシャツに限らず言えることですが高価な衣料を買う時には
その値段が適正価格かどうかをチェックしておきましょう。

Tシャツは基本的に安価な物ですが近年ではブランドやデザイナーの関係で
高級路線の物も多く見られます。
出費を減らすためにも適正価格や相場を把握しておくのが良いでしょう。

怪しいお店で買っていないから大丈夫、と思っている方もいるかもしれませんが
正規ショップでも他店と値段の差がある物、流行で値段が上がる物、それぞれあります。

・衣料の状態チェックも忘れずに

購入後長く扱いたいのならば、Tシャツの品質状態もチェックしてみてください。
汚れ、シワ、シミ、色あせ…こうしたことが買ってから気づくケースも少なくないです。

どうせ買うのならば良いものを買うべきですし、
値が張るアイテムならばなおさらです。 

ブランド物は個人で洗濯がしづらいのもあるのでケアの手間を減らす意味でも品質チェックは
重要といえます。

高価なTシャツを買う際に注意しておきたいポイントを紹介します へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

安いTシャツを買う際に良いものを選ぶコツは?

安いTシャツを買う際、良いものを選ぶには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。
コツをいくつかまとめてみました。

・ブランド、デザイナー物を買わない

多くの場合、ブランドや有名デザイナーの名前が使われているアイテムは
装飾などの要素に関わらず、ロイヤリティの金額も含まれているため価格が高めです。
場合によってはアニメや漫画関係のプリントなども同様に購入金額に影響します。

もちろん好みのアイテムだから金額に関係なく欲しい!というケースならば問題はありません。
しかし、安くて良い物が欲しいという時には
こうした著作物が使われている物よりも
Tシャツの生地に質の良い素材が使われているなど、機能性が良いアイテムを選ぶ方が
コストパフォーマンスが良いと言えます。

価格に見合う、または価格以上の物を選ぶ、という視点で見るなら、
デザインよりも生地や作り込みの良さに目を向けるべきです。

・メイドイン◯◯をしっかり見よう

安価なアイテムを狙って購入する場合、タグの製造国表示も見ておきたい所。
素材、作りはある程度同じなのに製造国ごとに価格が違うということも近年では珍しくありません。
ですのでタグを見て、製造国と価格の関係性、製造に使われている生地の傾向などをチェックしておくと
安い買物がよりスムーズに出来ますよ。

ちなみにこの価格の差は人件費や作る工程の費用が関係していますが、正規ルートで販売されている場合
検閲などもあるので、品質面でそこまで心配になる事も無いでしょう。

安いTシャツを買う際に良いものを選ぶコツは? へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類